【南西部】岐阜市南西地区の医療・介護連携に向けた研修会を開催しました

OKBふれあい会館 レセプションルームにて、岐阜市南西地区の医療・介護連携に向けた研修会を行いました。

 

今回は、公益社団法人岐阜病院、精神保健福祉士の長戸奈美先生をお迎えして、『在宅で支えるための認知症気付きのポイント』と題して、講演をいただきました。

 

医療・介護の現場において、在宅も施設も認知症対策は切っても切り離せません。そこで長戸先生から認知症の基本的な部分はもちろん、認知症の初期症状の具体的なポイントを挙げていただき、どのようなアプローチや相談機関がこの岐阜市にあるのか、ご説明をいただきました。

 

認知症の種類により症状も変わってくることは言うに及ばず、最も重要とされる早期発見・早期対応については、まだまだ課題とされています。認知症は誰しも発症の可能性があるものの、まさか自分が認知症になるなどという現実の受容の壁も払拭し切れません。

 

また早期対応についても言及され、単純な受診ではなくより多くの情報を以って、受診に臨むことで、より効果的な対応が検討できるとのことでした。

 

その後のグループワークでは、在宅における実際のケースを取り上げ、各テーブルでその対応について検討をしました。

 

各テーブルのメンバーは、医師・看護師・ケアマネ・介護福祉士・社会福祉士や福祉用具など、バラバラな構成ではありましたが、それぞれの着眼点から独自の意見を発信しあうことで、自分の職種では見つからない気付きの発見があったりして、非常に有意義なグループワークになりました。

 

今後も南西部は、参加者のためになり、相互理解が深まる活動を検討して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。


岐阜市・介護・福祉・医療

事業所連絡協議会            

 

和光会グループ 事業部内

 担当:谷田・石黒

〒501-0104
 岐阜市寺田7丁目100番地
  電話:058-255-0501
  FAX:058-255-0502

▼平成25・26・27年度
 岐阜県多職種連携

      人材養成事業

▼平成28年度

 岐阜市医師会事業

▼平成29年度

 岐阜県医師会在宅医療

     研修会等実施事業

▼平成30年度

 岐阜市在宅医療・介護

       連携推進事業